株式会社ハウスコート

外壁塗装なら西東京市、練馬区のハウスコート

外壁塗装・屋根塗装の必要性

外壁塗装や屋根塗装は、汚れが目立つ外観を綺麗にするために行うと考えておられる方も少なくないでしょう。

もちろん、外観を綺麗にする効果もあり、これも目的の一つとは言えます。しかし、外壁塗装や屋根塗装には、それ以上に大切な役割があります。

それは、住宅を雨水や紫外線から守り、住宅寿命を短命にする事を防止して、資産価値を守ることなのです。適切なタイミングに、屋根塗装や外壁塗装を行うことは、住宅の重要なメンテナンスなのです。

この記事では、外壁塗装と屋根塗装の重要性と、塗替えを実施するタイミングについて詳しく説明します。

 

外壁塗装の必要性と塗替えタイミング

①外壁塗装の必要性

住宅の外壁は、長い年月、紫外線や雨水にさらされ、また繰り返し寒暖差によるダメージを受け続けています。

さらに地震等の大きな振動にさらされることも少なくありません。そんな外的要因により、壁にクラック(ヒビ)が走ることも少なくありません。
そんなクラックの開口部が、薄い紙1枚が入る程度空いていれば、そこから雨水が内部に浸透すると言われています。

雨水が内部に浸透すれば、雨漏りに至らなくても、構造体である柱や梁の木材を濡らし、それにより木材が腐食して強度が著しく劣化する危険性があるのです。

これを放置していると、大規模な修理が必要になってしまったりします。

このクラックの課題を認識されていて、クラックの部分にシーリング剤で防水処理されている例を見かけますが、多くは表面を覆っているだけで、寒暖差でシーリング剤の幕が剥がれて、すぐに雨水侵入を防止する効果がなくなっている例が見受けられます。

やはり、素人の応急処置では限界があると言えるのです。
また外壁塗装で形成されている塗膜は、長い年月紫外線や雨水にさらされることで、劣化してしまいます。

これは塗料種によって違いがありますが、人気のシリコン系の塗料の場合で10~15年程度と言われています。

現象的には、色褪せがそれに当たります。こうなると、塗膜が雨水をはじく能力をなくし、雨水の浸透の危険性が増すのです。

住宅を雨水から守る塗膜の劣化やクラックの発生に対してメンテナンスを施すのが、新たな塗装、塗替えなのです。

外観は少々汚くても良いと、放置していると住宅寿命を短命化させてしまい、資産価値を落としてしまうのです。これを防止するために、外壁塗装が必要性なのです。

②外壁塗装の必要なタイミング

先に記した通り、塗料の種類により、塗替えの時期は少し違って来ます。しかし、一般的には10年から15年経過すると塗替え時期と考えるのが良いでしょう。

外観上では、クラックが走ったり、外観が色褪せたり、カビやコケが見られたり、少しひどくなると塗膜が膨張して剥がれが生じたりしているなら、すぐに塗替えが必要と言えます。

また、大きなクラック等はなくても、壁面を指でなぞって、白い粉が着くチョーキング現象が見られるなら、そろそろ塗替えるべきと判断するのが良いでしょう。

こうしたポイントで塗替え時期を見極め、少し早めにメンテナンスとして、外壁塗装を行うのがお勧めです。

 

屋根塗装の必要性と塗替えタイミング

①屋根塗装の必要性

屋根は外壁以上に雨水や紫外線に直接さらされ、また埃等の汚れも受け続けており、外壁以上に確実にダメージを受けています。

また、台風などの強風により、劣化が進行する恐れもあります。しかも屋根にトラブルが発生すれば雨漏りに直結し、それを放置していると大掛かりなリフォームが必要となってしまいます。

こうしたトラブルを未然に防ぎ、屋根材の耐久性・耐熱性を向上させ、室内の温度の上昇を抑制するために、定期的な屋根塗装は欠かせないのです。

②屋根塗装のタイミング

屋根材には色々な種類があり、その種類によってメンテナンスが必要なタイミングやサイクルは異なります。

例えば、最近の戸建て住宅で採用されることが多いスレート瓦等の場合には、塗替えタイミングとしては、瓦の色が白っぽく色褪せてしたり、コケやカビが気になる状態がひとつの目安と言えます。

しかし、屋根の状態は外壁とは違って、普段目にする機会が少なく、どうしてもこうした劣化に気付くのが遅れてしまいがちです。

従って、屋根の状態を定期的にチェックしてもらい、手遅れにならないようにすることが大切と言えます。

また、少なくとも、外壁塗装を実施する際には、合わせて屋根塗装を行うことは必須と考えられると良いでしよう。

まとめ

以上、屋根塗装や外壁塗装の必要性と塗装のタイミングについて、その概要を説明しました。屋根塗装や外壁塗装を行うと、もちろん外観が綺麗に蘇り、新築同様の清々しさを感じることが出来、やってよかったと痛感するはずです。

また、それ以上に雨水が家の中に浸透し、住宅を劣化させる心配がなくなったとの安堵感が得られるのです。

屋根塗装や外壁塗装の必要性・重要性を正しく認識し、適切なタイミングで塗装を行うことで、大切な住宅の寿命を短命にすることなく、資産価値を守りたいものです。

西東京市や練馬区で外壁や屋根の塗替えをご検討ならハウスコートまでお問い合わせください!

無料診断実施中!

外壁屋根の塗り替えなら、西東京市のハウスコートまでお問い合わせ下さい!

0120-296-050 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)