株式会社ハウスコート

外壁塗装なら西東京市、練馬区のハウスコート

外壁塗装・外壁リフォームは耐用年数を考慮して定期的に実行する

 

外壁塗装・外壁リフォームのポイントは?

マイホームでもっともメンテナンスが必要な部分といえば、それはズバリ外壁です。

外壁は絶えず直射日光によって塗装の変色・外壁の変質が進んでしますし、雨風で腐食・劣化もしています。

つまり、外壁はマイホームの防護服であり、外壁塗装は防護膜というところでしょう。

こうして年々劣化が進んだマイホームの顔は、新築当時の美しさを失い、住んでいる嬉しさや愛着まで失いかねません。

そうならないためにも、外壁塗装・外壁リフォームを定期的に行うべきでしょう。

外壁塗装はその塗料によって耐用年数が決まっている

マイホームの最も外側の防護となるのは外壁塗装です。

塗装は単なるカラーリングの目的ではなく、外壁を日光や雨風から守るためのものでもあります。

人の体でいえば皮膜といった感じでしょうか。

この膜がヒビ割れたり、剥がれ落ちたりしたら体内まで悪影響が進んでしまいます。

また、油分が抜けただけの状態でも雨水がしみ込んでしまい、カビや腐食の原因となります。

そうなれば、外壁を取り替えるリフォームをしなければなりません。

外壁塗装の塗料は、最もポピュラーなシリコンで10~12年、高級樹脂のフッ素で13~15年と言われています。

もっとも長持ちするセラミックでも15年以上で寿命がきます。

つまり防御力が低下し始めたら、外壁塗装工事を施さないとマイホーム自体の寿命が短くなるということです。

外壁リフォームのタイミングを遅らせる外壁塗装

次に外壁材の耐用年数も知っておきましょう。

いくら定期的に外壁塗装を繰り返しても、肝心の外壁材が劣化してしまえば意味がありません。

昔のモルタル壁であれば10年ごとの塗装直しを行った場合でも、ところどころヒビ割れや剥げ落ちが出てしまい、長年維持するには部分的にリフォームを繰り返す必要があります。

また、長期メンテナンス不要と言われているサイディングでも、25年ぐらいで下地交換をするのが一般的です。

このように、外壁はしっかりとメンテナンス計画を立てて、その通りに実行していかないと大事な財産をダメにしてしまうリスクがあります。

基本は外壁塗装の繰り返しで、壁材の状態に応じて外壁リフォームをしていくこと。

これを徹底すれば、躯体や屋内の劣化はかなりゆっくりしたものとなり、家屋の寿命を長くしてくれるはずです。

もちろん、腕の良い信頼のおける業者に工事依頼をすることも大事です。

もし、西東京市で外壁塗装をお求めの方は、地元で高い実績と信頼を得ているハウスコートにご相談ください。

どんなことでも、専門家の立場から丁寧にアドバイスいたします。

無料診断実施中!

外壁屋根の塗り替えなら、西東京市のハウスコートまでお問い合わせ下さい!

0120-296-050 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。