株式会社ハウスコート

外壁塗装なら西東京市、練馬区のハウスコート

日本の住宅でよく用いられる屋根の形状の種類

代表的な屋根の形状の種類を解説

一般的な住宅で最も多く用いられているのが切妻屋根で、2つの傾斜面が「棟」と呼ばれる最上部で合流しています。

住宅の屋根と聞いて多くの人が思い浮かべるのは切妻屋根で、換気がしやすいなど、多数のメリットがある形状です。

工事の難易度もさほど高くないため、比較的短い期間で仕上げられるケースが多く、早めに住宅を完成させたい場合に役立ってくれる屋根です。

デメリットとしては、妻側の問題が挙げられます。

2つの傾斜面により、横から見ると三角形ができる方の壁は「妻側」と呼ばれます。

特殊な処理をしない限り、妻側は屋根によるガードが及ばないため、太陽光や雨による被害を受けやすく、定期的に妻側のメンテナンスの機会が訪れるのは大きなデメリットです。

寄棟屋根は、最上部にある平らな「大棟」と呼ばれる部分と、大棟を中心とした4つの傾斜面で構成されているのが特徴です。

4方向から支える形になるため、切妻屋根よりも頑丈で、強風対策としては寄棟屋根の方に分があります。

また、切妻屋根はデザインの面で個性を出すのが困難なのに対し、寄棟屋根は住宅によって形も異なり、個性が出やすい点も見逃せません。

一方、デメリットとしては工事の難易度が上がる点が挙げられます。

施工業者の処理が甘い場合、「かき合い」と呼ばれる部分で雨漏りが起こりかねません。

また、切妻屋根で妻側に設置できる、「ガラリ」と呼ばれる換気のための設備が寄棟屋根では設置しづらく、屋根裏の換気が悪くなるのも難点です。

寄棟屋根と非常によく似ているのが方形屋根で、住宅を下から見た場合、違いを見分けることは困難です。

方形屋根には寄棟屋根と同じく4つの傾斜面がありますが、平らな大棟の部分がありません。

寄棟屋根では平らな大棟の部分があるため、屋根を真上から見た場合に台形の形になる傾斜面がありますが、方形屋根を上から見ると4つの傾斜面は全て三角形で、ピラミッドのような形で屋根が作られています。

方形屋根の特徴は概ね寄棟屋根と同じで、頑丈で強風に強いものの、かき合いの雨漏りのリスクには注意が必要です。

また、寄棟屋根では大棟の部分に「換気棟」と呼ばれる換気の設備がありますが、方形屋根には大棟がないため、寄棟屋根よりも換気を行いにくいのが難点です。

個性的な屋根を紹介

片流れ屋根は傾斜面が1つのみの、非常にシャープな印象を与える屋根で、デザイン的には洋風の住宅に向いています。

近年、環境に優しいエネルギーとして太陽光発電が注目されていますが、片流れ屋根で傾斜面を南側に配置する場合、太陽光パネルを設置しやすい点も見逃せません。

また、切妻屋根よりもさらにシンプルな形状なため、工事の難易度も低めで、コストパフォーマンスも優秀です。

多くのメリットがある一方で、デメリットもはっきりしており、大雨の被害を受けやすい点は必ず把握しておかないといけません。

一般的な切妻屋根ではそれぞれの傾斜面の雨樋が雨を処理してくれますが、片流れ屋根では雨が流れる方向が決まっているため、雨樋にかかる負担が大きく増えます。

台風やゲリラ豪雨に襲われた場合に雨樋が破損し、雨漏りを起こすリスクが大きいので、工事を行う前には雨漏り対策について念入りに業者と打ち合わせしないといけません。

また、屋根がない部分の壁についても、切妻屋根の妻側の部分と同じく劣化が進みやすいため、注意が必要です。

マンションなどの集合住宅、ビルでよく採用されているのが陸屋根で、フラット屋根とも呼ばれています。

マンションやビルの最上部には傾斜面がないのが一般的ですが、あれは屋根がないのではなく、平らな陸屋根がある状態です。

近年は陸屋根を採用する一軒家も増えてきており、傾斜面なしの四角形の住宅は非常にインパクトが強く、モダンな印象を与えます。

陸屋根の住宅では広々とした屋上をガーデニングなどに活用できるというメリットもあり、台で傾斜をつける必要はあるものの、太陽光パネルの設置場所としても優秀です。

多くのメリットがある陸屋根ですが、片流れ屋根と同様に雨漏りのリスクが大きく、切妻屋根と比較すると、メンテナンスの回数が増える傾向があります。

また、最上階と屋根との間に空間がほとんどない陸屋根の住宅では、夏場に最上階の気温が上昇しやすいのも難点です。

一般的な屋根は中央部分が高く、外側に向かって低くなるよう傾斜面を作りますが、バタフライ屋根は全く逆です。

バタフライ屋根は外側の方が高く、中心に向かって傾斜面が作られるため、屋根で大きく個性を打ち出すことができます。

基本的には雪に弱いものの、中央の谷部分に融雪の設備を整え、危険な雪下ろしを避けられるようにした特殊なバタフライ屋根も登場しており、注目を集めている形状です。

屋根の形状の種類は様々ですが、どの形状にもメリットとデメリットがあり、住宅のコンセプトや予算と相談しながら最適なものを決める必要があります。

西東京市付近のエリアで屋根の工事を検討しているのであれば、屋根工事の実績も豊富なハウスコートまでご相談ください。

無料診断実施中!

外壁屋根の塗り替えなら、西東京市のハウスコートまでお問い合わせ下さい!

0120-296-050 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。