株式会社ハウスコート

外壁塗装なら西東京市、練馬区のハウスコート

断熱塗料と遮熱塗料の違い、得られる効果の差とは

断熱塗料と遮熱塗料の特徴

断熱塗料と遮熱塗料は、どちらも外壁や屋根の工事に用いられます。

漢字も似ているため、どちらも同じような性能に感じられるかもしれませんが、この2つには明確な違いがあります。

事前にしっかりと違いを把握しておくことが大事です。

断熱塗料は「熱」を「断」つという漢字が使われていますが、外気からの影響を抑えるというのが正確な効果です。

暑い時期や寒い時期は、外気の影響で室内でも暑さ、寒さを感じるものですが、断熱塗料を使用している場合は暑い寒いに関わらず、外気の悪影響を抑えられます。

夏場の暑い時期でも室内の気温が上がりにくく、冬場の寒い時期でも室内の気温が下がりにくいため、1年を通して過ごしやすくなるのが魅力です。

室内の気温を逃がしにくくする効果もあるため、エアコンなどによる電気代を抑えられる点も見逃せません。

一方、遮熱塗料は太陽光を反射し、太陽光による熱の影響を抑えられるのが大きな特徴です。

太陽光を反射することで、表面温度を下げ、室内の温度を上がりにくくしています。

夏場に気温が上昇しやすいエリアでは、非常に頼りになる存在です。

ただし、断熱塗料とは違って寒さ対策の効果はありません。

遮熱塗料と断熱塗料は暑さに対する効果は似ているものの、その原理は全く異なります。

いずれも、室内の気温を快適に保つ効果が期待できるものの、暑い時期にのみ真価を発揮する遮熱塗料に対し、断熱塗料は時期を問わず真価を発揮してくれるのが大きな違いです。

気温に対する効果のみで比較すると、暑さにも寒さにも強い断熱塗料の方を選ぶのが正解ですが、断熱塗料はコストが高めで手を出しにくいのが難点です。

遮熱塗料は冬の寒さには対応していないものの、コストが抑えられており、利用しやすいため、場所や予算に合わせて適している方を選びたいところです。

その他の効果の違いを解説


両者は他にもそれぞれ異なる特徴を持っています。

遮熱塗料には、熱によるひび割れを防ぐ効果が期待できます。

もちろん、太陽光以外にもひび割れの原因はあるため、遮熱塗料を使用すれば安心というわけではないものの、ひび割れ対策としては遮熱塗料の方が有用です。

また、太陽光を反射させるという仕組みを持つ遮熱塗料ならではのメリットとして挙げられるのが、都市部の気温上昇をもたらすヒートアイランド現象を緩和する効果です。

断熱塗料は外気の熱が室内に入ることを防ぐ効果はありますが、表面温度を下げる効果はないので、ヒートアイランド現象の対策にはなりません。

もちろん、1軒の家が遮熱塗料を使用したからといって、ヒートアイランド現象を大きく改善できるわけではありません。

しかし、多くの住宅で同様の処置が行われれば効果にも期待が持てるため、遮熱塗料の使用に対して助成金や補助金を出している自治体もあります。

また、遮熱塗料は色によって効果に差が出るのも大きな特徴です。

これは色自体が持つ効果が加わるためです。

白色は太陽光のエネルギーを反射する効果が強いため、熱を持ちにくく、黒色などの熱を吸収しやすい色と比べると、暑さ対策の効果は格段に上です。

白色、もしくは白色に近い遮熱塗料を選択することで、より効率のよい暑さ対策が実現できます。

一方、色に関してはデメリットもあり、遮熱塗料の作成過程の都合上、色の種類が限られています。

塗料カタログで確認するなり、担当者に尋ねるなりして、使える色をしっかり確認しておくことが大事です。

先に書いたように、断熱塗料はコスト面では割高ですが、他に付加価値を備えている製品が多く、全体的に高機能です。

具体的な付加価値の内容は商品によって異なりますが、代表的なのは遮音や防音で、近くに電車が走っている場合や大きな道路に面している場合など、音が気になりやすい環境では、遮音や防音効果のある断熱塗料が役立ってくれます。

断熱塗料は最新の技術で作られており、現在のところ最も普及しているガイナ塗料は、JAXAとの共同研究から生まれました。

宇宙での使用を前提として作られたことが性能面での充実につながっています。

ただし、ガイナ塗料に限らず、断熱塗料は歴史は浅いため、耐用年数などのカタログスペックについて未知数な部分があるのは確かです。

過剰に心配する必要はありませんが、その辺りが気になるのであれば、様子を見るのも手です。

これもまだ歴史が浅いことと関係していますが、断熱塗料のノウハウがない施工業者も多く、どうしても施工業者が限られてきますので、断熱塗料の実績が豊富な施工業者を選びたいところです。

東京都は冬場に雪が降ることも少なく、無理に断熱塗料を選ぶ必要はないものの、冬場の電気代カットや、遮音などの付加価値を目的にするのであれば、断熱塗料も選択肢に入ってきます。

遮熱塗料を使用する場合も、施工業者を軽視してよいわけではありません。

職人の技術によって塗料の効果は大きく変わってくるため、できる限り信頼の置ける施工業者を選びましょう。

西東京市周辺のエリアで屋根や外壁の工事を検討しており、塗料などの選択肢に悩んでいるのであれば、実績が豊富なハウスコートにお気軽にご相談ください。

無料診断実施中!

外壁屋根の塗り替えなら、西東京市のハウスコートまでお問い合わせ下さい!

0120-296-050 メールフォームはこちら

※お問い合わせ以外の営業電話、メールは固くお断り致します。